ちゃば

作りたければ見よう見真似で作ってみる

揚げないチュロス

 f:id:haruchi1130:20170219142824j:image

揚げずにヘルシー&焼きっぱなしのチュロスレシピ。

 

 

 

 

 

ー作り方ー

A.
牛乳 …240g
バター …35g
ラニュー糖(蜂蜜や水飴でも可) …25g
塩 …ひとつまみ

強力粉 …50g
薄力粉 …110g
(強力粉と薄力粉はあらかじめ 一緒にふるっておく)
全卵…120gほど(2つ程度。生地の硬さを見て調節する)

B.
溶かしバター…25g
ラニュー糖…適量(30g程度)
ー仕上げー
ラニュー糖…適量(50g程度)

 

ー作り方ー


 f:id:haruchi1130:20161126181020j:image
1.強力粉と薄力粉、卵 以外の材料を鍋に入れ
中火でバターを溶かしながら 沸騰させる。

 

 

 

 

 

 


f:id:haruchi1130:20161126181034j:image
2.ブクブクと沸騰してきたら 薄力粉と強力粉を一気に入れ すぐによくかき混ぜる。(1分程度、生地に熱を加えながらまとめる)

f:id:haruchi1130:20161126181046j:image
(しっかり熱を加え 糊化させることで美味しいチュロスができる。)

 

 





f:id:haruchi1130:20161126181057j:image
3.「2」の生地をボールに移し、卵を少しずつ加える。

f:id:haruchi1130:20161126181109j:image
(卵を加える都度しっかり混ぜ、生地の硬さを調節していく)

f:id:haruchi1130:20161126181120j:image
↑卵を入れ絞れる硬さに調節した生地。


⚠︎生地が固すぎたり 糊化(炒める作業)がちゃんとでてきてないと、焼いたときに中がキメの詰まったものになります。

 

 

 

 

 



f:id:haruchi1130:20161126181130j:image
4.口金の付いた絞り袋で生地を絞り
絞った生地に「B」の溶かしバターを塗ったあと、グラニュー糖を適量かける。

(⚠︎チュロス生地は 基本 硬いのでとにかく頑張る。固すぎる場合は卵を追加してもよい)


f:id:haruchi1130:20161126181141j:image

溶かしバターを塗ったあと グラニュー糖ではなく、「シナモンシュガー」をかけるとシナモンのチュロスに。

f:id:haruchi1130:20161126181158j:image
「シナモンシュガー」ではなく、
「シナモン」使用の場合はシナモン1gに対しグラニュー糖大さじ1の割合で混ぜて使う。

 

 




f:id:haruchi1130:20161126181206j:image
5.170度〜180度予熱したオーブンで40〜45分ほど焼く(家庭オーブンには癖があるので 焼き時間は自分の家のオーブンに合わせ調節する)

 

 

 


f:id:haruchi1130:20161126181217j:image
6.焼きあがった生地が冷めないうちに、仕上げとしてグラニュー糖やシナモンシュガーをかけて完成。
(袋にグラニュー糖をいれ フリフリすると手が汚れずに仕上げられます)

 


f:id:haruchi1130:20161126181228j:image
中はモチモチ外はサクサクカリカリ(*´-`)

 

 

ーコツー

  • 粉類を鍋に入れるときは 必ず沸騰してから。

(ブクブクしたときにバターと牛乳が完全に混ざる)

  • 生地の中にダマができないよう粉類を入れたら一気に木ベラで混ぜる

 

  • 卵は常温にしておいたものを使う。

 

  • 生地が硬く絞り袋が破れやすいため二枚重ねにすると良い。



f:id:haruchi1130:20161126181304j:image
ちなみに画像はポリエチレン製の何度も使える絞り袋。
何度も使える絞り袋は強度が高くそう簡単に破れることはないので、チュロスには もってこいです。

使えば使うほど手に馴染み 様々な生地に使えるため1つでも家にあると安心ですヽ(´∀`。)ノ