読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃば

毎日のんびりと こねこね混ぜ混ぜ。

ブッセ生地 レシピ(生地のみ)

 f:id:haruchi1130:20170219140942j:image

案外簡単で、家にあるものでできちゃうブッセさんの生地 レシピです。

 

 

 

ー材料ー(直径5㎝ 12セット分)

卵白…2個分

ラニュー糖…45g

卵黄…2個分

薄力粉…40g

コーンスターチ(片栗粉でも代用可)…15g

 

(仕上げ用)粉糖…適量

 お好みのクリーム…適量

 

 

⚠︎ココア生地の場合 コーンスターチを5グラムにしココアを10グラム足す。

薄力粉とコーンスターチと一緒にココアパウダーもふるっておき、薄力粉とコーンスターチを入れるタイミングで同じように生地に混ぜ込む。

 



 

 

 

 

 

ー準備ー

  • 油分や水滴の付いてない綺麗なボウルに卵白を入れ 卵黄と別々にしておく。

 

 

  • オーブンを170度に予熱しておく。

 

 

ー作り方ー

 

 

1.卵白を泡立ててメレンゲにする。

f:id:haruchi1130:20170204215904j:image

全体的に白っぽくなり、粗めの気泡ができたら1/3程度のグラニュー糖を加える。

f:id:haruchi1130:20170204215911j:image

キメが少し細かくなり 艶がではじめたら もう1/3のグラニュー糖を加える。

f:id:haruchi1130:20170204215925j:image

よく泡立て、再び艶が出てきたら 残っている1/3のグラニュー糖を加える。

(まだこの時点ではメレンゲのキメが荒い状態)

 

f:id:haruchi1130:20170111171423j:image

ツノが立つまでよく泡立てる。

(ボウルを裏返してもメレンゲが動かないようになるまでしっかり泡立てる。

⚠︎ボソボソになるまで泡立ててはダメ。)

 

 

 

 

 

2.軽く溶いた卵黄を加え卵白に混ぜる。

f:id:haruchi1130:20170111171557j:image

f:id:haruchi1130:20170117223134j:image

卵白と卵黄が混ざるまで 泡立て器で混ぜる。(電動泡立て器でもよい)

 

 

 

 

3.薄力粉とコーンスターチを一緒にふるったものを「2」に加える。

 

f:id:haruchi1130:20170117223225j:image

f:id:haruchi1130:20170111180553j:image

ゴムベラに持ち替え「の」の字を書くように なるべく大きく混ぜる(混ぜる回数を最小限に抑える)

f:id:haruchi1130:20170111174312j:image

粉っぽさがなくなるまで。

 

 

 

 

4.絞り袋に入れ オーブンシートの上に絞り出し仕上げ用の粉糖を ふるい や 茶漉し などで たっぷりふるう。(粉糖は少量だと 生地に溶け込んでしまうためなるべく多く)

 

 f:id:haruchi1130:20170117223835j:image

f:id:haruchi1130:20170111174854j:image

 

 

5.170度で14分程度 焼く。(焼き時間は各家庭のオーブンによる)

f:id:haruchi1130:20170111174958j:image

 

 

 

 

 

 

 

 クリームを挟んで 完成

f:id:haruchi1130:20170111175139j:image

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回挟んだクリームは

マリークリームに前回マカロンを作った時に余った ホワイトチョコレートガナッシュとラムを混ぜ込んでみたものです。

f:id:haruchi1130:20170111181022j:image

 

 

挟むものは 個人的にクリームチーズや サワークリーム バタークリームなどがオススメ。

ココア生地ならガナッシュや 塩気のあるバタークリームもよく合います。

 

作ってから一晩寝かせると ブッセ生地とクリームがよく馴染みさらに美味しくなります。

 

 

抹茶クッキー

 f:id:haruchi1130:20170219141335j:image

抹茶好きさん&ズボラさんにオススメの

ただ混ぜるだけで生地ができる簡単クッキー。

 

それなのに
とにかく軽く さっくりとした食感で
太白ごま油を使ってるので 油っこくなることもなく、
バターも不使用なので 抹茶本来の味が すごくすごくすごくダイレクトに感じられます🙈💕



 




 

ー材料ー

薄力粉…150g
アーモンドプードル…20g
抹茶…10g
粉砂糖…60g
太白ごま油…65g

(太白ごま油でなくともサラダ油でもできるが、なるべく太白ごま油がおすすめ)

 

 

 

ー作り方ー

 

f:id:haruchi1130:20161222164624j:image

1.薄力粉、アーモンドプードル、抹茶、粉砂糖を一緒にふるっておく。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161222164830j:image

2.「1」に太白ごま油を入れてさっくり混ぜ、生地をまとめる。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161222165051j:image 

3.生地を5ミリほどに伸ばし型抜きをする。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161222165303j:image

4.170度に予熱したオーブンで12〜15分焼く

粗熱をとって完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(卵白消費)チョコパウンドレシピ

 

f:id:haruchi1130:20170219141650j:image

シュガーバッター法でつくるので

 パサつかずしっとりしていて濃厚なチョコパウンドさん。

 

 

 

ー材料ー

バター…100g

ラニュー糖…90g

卵白…75g

 

牛乳…15g
クーベルチュール…25g


薄力粉…70g
ココアパウダー…25g
アーモンドパウダー…20g
ベーキング…3g


チョコチップ…30g

あればお好みの洋酒…大さじ1ほど

 

ー準備ー

  • バターは常温に置いて柔らかくしておく。

 

  • 卵白は軽くといて(コシをとって)常温にしておく。

 

  • 牛乳は常温に置いておく

 

  • 薄力粉、ココアパウダー、アーモンドパウダー、ベーキングパウダーを一緒にふるっておく。

 

 

 

ー作り方ー

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20161229154644j:image

1.クリーム状のバターとグラニュー糖を 白っぽくなるまでよくすり混ぜる。

(粉類を混ぜるまでは 手動、もしくは電動の泡立て器をつかう)

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161229160653j:image

 2.常温に戻した卵白を少量ずつ加えて泡立て器でよく混ぜる。(大さじ 二〜三杯ずつ混ぜて行くとよい、一気に入れたり 冷たい卵白を入れると分離する)

 

f:id:haruchi1130:20161229154619j:image

あればここで洋酒も混ぜる。

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161229154812j:image

3.別のボウルに牛乳とチョコレートを一緒に湯せん(50度ほどの湯)にかけ 溶かしてよく混ぜる。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161229154955j:image

4.「2.」の中に「3.」を入れてよく混ぜる。

 

↓こんな風に。

f:id:haruchi1130:20161229155058j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161229155202j:image

5. 一緒にふるって置いた 薄力粉・ココアパウダー・アーモンドパウダー・ベーキングパウダーを「4.」に入れてゴムベラに持ち替えてさっくり混ぜる。

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161229155441j:image

7.大体混ざったら チョコチップを加え 再びさっくり混ぜる。

 

↓粉っぽさがなくなるまで混ぜる

f:id:haruchi1130:20161229155546j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161229155638j:image

8.型に入れて180度に予熱したオーブンで15分焼き170度に温度を下げて20〜25分焼く。

(途中で焦げそうになるのなら アルミホイルをかぶせる)

 

 

f:id:haruchi1130:20161229155818j:image

⚠︎うまく割れない(オーブンの癖が強い)場合は180度で15分焼いたあとオーブンを開け

素早く生地の真ん中にナイフで切り込みを入れる。その後170度で20〜25分 加熱。

 

 

 

 

 

焼いた後は粗熱をとり ラップをしっかりかけて3日ほど寝かせてから食べると よりしっとりしてオススメ。

1週間冷凍庫に入れておき
冷凍熟成させるのも もっとオススメ。

食べる前にラップに包みレンジで数秒加熱すると ふんわりしっとりで また違った風に楽しめます。

 

アップサイドダウンケーキ(りんご)

 

 f:id:haruchi1130:20170219142103j:image

パウンド型でつくるので 食べきりサイズのアップサイドダウンケーキ。

 

焼きたては とにかくふんわり、1日寝かせるとしっとりしてより美味しくなります。

 

 

ー材料ー(18センチパウンド型)

a.

水…50グラム

バター…20グラム

砂糖…55グラム

りんご…1つ分(220グラム程度)

b.

バター…60グラム

砂糖…50グラム

全卵…50グラム(一個程度)

薄力粉…80グラム

ベーキングパウダー…3グラム

あればラム酒…小さじ2程度

 

 

 

ー準備ー

  • りんごは皮をむいて薄切りにしておく。
  • 全卵を溶いて常温に置いておく。
  • b.のバターはクリーム状になるよう常温に戻す。
  • 薄力粉とベーキングパウダーは一緒にふるっておく。

 

 

 

 

ー作り方ー

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212225751j:image

1.鍋にa.の材料である 「バター」「 砂糖」「水」を入れバターを煮溶かす。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212225915j:image

2. 「スライスしたりんご」をいれて
弱火でしっかり煮詰める。

 ↓

f:id:haruchi1130:20161212230033j:image

煮詰めていくと

だんだん 液体が カラメル色に。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212230125j:image

3.液体がカラメル色になったら よくりんごと絡める。(煮詰めすぎない)

 

 

f:id:haruchi1130:20161212231552j:image

4.クッキングシートを敷いたパウンド型の底面に 煮詰めたりんごを敷き詰める。

煮詰めたときのカラメル液が残っていたら

パウンド型の中に入れる(隙間を埋めるように流し込む)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212231749j:image

6.余った 「煮詰めたりんご」は 刻んでおく。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212230313j:image

7.クリーム状にしたバター」に b.の「砂糖」を加え白っぽくなるまで しっかりすり混ぜる。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212230700j:image

 8.常温に置いておいた 「溶き卵」を少量ずつ加えその都度よく混ぜる。

ハンドミキサーがあれば ハンドミキサーを使う。なければ泡立て器でよく混ぜる)

 ↓

f:id:haruchi1130:20161212230806j:image

f:id:haruchi1130:20161212230927j:image

f:id:haruchi1130:20161212230951j:image

 しっかり混ざったのを確認し

 再び 卵を少量加え よく混ぜる。

(これを繰り返し 卵をしっかりバターになじませる。大さじ1程度ずつ混ぜ込んでいくと 分離しにくくなります。)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161212231035j:image

9.薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるったもの」を「5.」の中に入れ さっくりゴムベラで混ぜる。(グルグル混ぜない)

 

 

f:id:haruchi1130:20161212231236j:image

10.「牛乳」と、「6」の「刻んでおいたりんご」、あれば「ラム酒」を「7」にいれ すくい上げるように混ぜ込む。

f:id:haruchi1130:20161212232118j:image

 粉が見えなくなり しっかり混ざったのを確認して  りんごを並べておいた 型に入れる。

f:id:haruchi1130:20161212232231j:image

(パウンドケーキではないので 表面に切り込みを入れたりはしない)

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161213010521j:image

11.170度に予熱したオーブンで35分程度焼く。 

(オーブンの温度や焼き時間は 各家庭のオーブンの癖に合わせる)

 ↓

粗熱をとりひっくりかえせば完成📣

(生地の膨らみが大きい場合は 焼き上がり後、余分な生地をカットし 底面を一定にすると良い)

 

 

 

 

 

ーコツー

  • りんごは 最初から鍋に入れてよく煮詰めることで味が染み込み 食べやすく、またケーキに馴染みやすくなる。
  • リンゴを煮込みすぎると 飴化してしまうため、リンゴに絡めながら 弱火で数分煮込むだけ。
  • 卵は必ず常温のものをつかい、いっぺんにバターに入れない。
  • りんごはできるだけ薄くスライスした方が 型に隙間やムラなく 並べやすくなる。

 

 

 

 

フィナンシェレシピ

 

f:id:haruchi1130:20170219142449j:image

焦がしバターとアーモンドの風味がよく、焼き上がりは カリッと&しっとり のフィナンシェ。
3日程度 休ませてから食べると バターがよく馴染み  しっとり&ジュワッとした 口当たりを楽しめます。

 

 

ー材料ー

(フィナンシェ 約12個分。 個数は型の深さや入れる生地の量による)

 

 バター …100グラム

 卵白 …L2つ分

ラニュー糖… 50グラム

 はちみつ …10グラム
 アーモンドプードル …50グラム
 薄力粉 …30グラム

バター(型に塗るもの)適量

 

 ⚠︎こんがり濃い焼き色が好きな方は上白糖を使って下さい。

 

 

 

ー準備ー

  • アーモンドプードルと薄力粉は一緒にふるっておく。(細かなふるいでなくても粗めのザルなどでよい)

 

  • 型にバターを塗って 冷蔵庫で型を冷やしておく。(更にバターの上から強力粉をふるっておくのもよい)

 

  • 卵白は 泡立て器で軽く溶いてサラサラした状態にしておく。

 

 

 

 

ー作り方ー

 

 

f:id:haruchi1130:20161202224644j:image

1.まずは焦がしバターを作ります。

 

バターを鍋に入れ 弱火でバターを溶かす。(バターをスライスor細かくしておくと早く溶ける)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161202224813j:image

2.バターが完全に溶けたら中火に。

 

f:id:haruchi1130:20161202224924j:image

パチパチと音がする。

音がしなくなる頃には大きな泡が見えるようになる。

 

f:id:haruchi1130:20161202225207j:image

加熱を続けると泡がどんどん細かくなる。

 

f:id:haruchi1130:20161202225325j:image

 鍋を揺らしてみて カラメル色なっていたら加熱は終了。

 (加熱しすぎると 沈殿物が多くなり使用できるバターが少なくなるので注意)

 茶こしやキメの細かい濾し器で濾したり

キッチンペーパーを敷いたザルなどで濾しておく。(沈殿物をちゃんと取らないと 苦くなる)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161202230202j:image

3.溶いた卵白、グラニュー糖、蜂蜜をボウルに入れよく混ぜる。(泡だてなくてよい。)

 

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20170111150859j:image

4.ふるっておいた薄力粉とアーモンドパウダーを「3」に加え混ぜ合わせる。

 

 

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20170111150838j:image

5.焦がしバターを「4」に加え 滑らかな生地になるまで混ぜる。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170112162619j:image

6.型に生地を絞り170度に予熱したオーブンで15分〜20分程度焼く。(オーブンの温度は各家庭のオーブンで異なるので 調節してください)

 ↓

型から外して粗熱をとって完成。
 

 

フィナンシェ型は

8個取り270×230×12mmのカーボンスチールにシリコンコーティングのしてあるものを使用してます。

型離れがよく使いやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

シュクレ(タルト生地)レシピ・アイシングクッキーにも◎

 

 

ー材料ー

(18センチ型1つ分)
バター…50g
ラニュー糖…20g
全卵…15g

薄力粉…85g

アーモンドパウダー…20g

 

 

 

ー準備ー

  • 薄力粉とアーモンドプードルは合わせてふるっておく。
  • バターは常温に戻しておく。

(時間がなければ600wのレンジで20秒加熱後 クリーム状になるまで 10秒ずつ様子を見て加熱)

  •  卵は溶いて常温に戻しておく。(冷たいと分離します)

 

 

ー作り方ー

 

⚠︎画像は全て2倍の量で作ってます。 

 

f:id:haruchi1130:20161201014653j:image

 

1.クリーム状のバターにグラニュー糖を加え

白っぽくなるまで泡立て器で良くすり混ぜる。

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161201014841j:image

 

2.白っぽくなったら溶き卵を数回に分けて混ぜ加える。

一度加えたらしっかり混ざるまで泡立て器で良く混ぜ、しっかり混ざったら 2度目の卵を入れる。(混ざってない段階で あらたに卵を入れると分離につながります)

 

f:id:haruchi1130:20161201015017j:image

卵を加えた後 バニラエッセンスを入れるのもオススメ。 

 

 

⚠︎バターと卵が分離した場合

(お湯の入ったボウル、冷水の入ったボウル、泡立て器or電動泡立て器  を使用します)

 

やり方ー

a.湯煎にかける

↓↑

b.ボウルと接している面のバターが少し溶けてきたら 冷水の入ったボウルにをつけて泡立て器、もしくは電動泡立て器で一気にまぜる。

 

a.とb.を何度も繰り返すとだんだん分離が直ります。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161201015125j:image

3.薄力粉とアーモンドプードルを一緒にふるったものを「2.」に加え ゴムベラでさっくり切り混ぜる。

 

 

f:id:haruchi1130:20161201015423j:image

白い粉(薄力粉)が見えなくなり そぼろ状になったら終了。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161201015506j:image

4.ラップに包んで冷蔵庫で2時間以上休ませる。

 

 

 

 

 

 ー空焼きの場合ー

(生地を2時間休ませた後)

 

 

1. 生地を伸ばして型に入れ ピケをする。(穴を開ける)専用の器具で穴を開けなくても フォークで十分。

 

2.「1」を冷蔵庫で1時間ほど休ませる。

 

3.生地の上にクッキングシートや アルミホイルを敷く。

中に重石を入れる。

といっても、専用の重石を持ってないので 我が家は お米で代用。

他にも 小豆などでも代用できます。

(使った米や小豆は 使用後も 調理して食べられます) 

 

4.180度に予熱したオーブンで15分ほど加熱

          ↓

   加熱後 オーブンから出し 重石を外して

   170度で5〜8分ほど加熱する。

(軽く焼き色がつく程度)

 

 

 

ーコツー

  • バターは常温に戻した柔らかくクリーム状のものをよく練って使うこと。

 

  • 卵は分離せぬよう 常温のものを使い、少量ずつなじませる。(上記の卵を入れる工程の画像のものは一度に入れる卵の量は少々多め)

 

  • 薄力粉とアーモンドプードルを入れたらさっくり切るように混ぜること。

 

  • よく生地を休ませる(休ませることで水分を生地全体に行き渡らせ 扱いやすくしたり 冷気によりグルテンを抑えられ 焼きあがりがサクホロ のものにできたりします)

 

  • 空焼きする場合は 重石をしっかりすること。(重石をしないと底上げの原因になります。底上げが酷いと中に詰め物を入れられなくなったり、割れやすくなったりします。)

 

 

 

 

生地はストックできるので

タルトを作る前日に生地だけ作って一晩冷蔵庫に寝かせておき 当日に 焼いたり

多めに作って 密封して冷凍保存も可能です。

(冷凍保存の場合は 密封した状態で一ヶ月ほど保存可能です。一度解凍すると腐敗しやすくなるので 使いやすいように 一回分を小分けに包んでおくと便利です。)

チョコケーキ と 余ったホイップでブラウニー(レシピあり)

12月2日は ひかさんの誕生日。

ということで ちねさんの時の反省をしながら ケーキを。

 

 

 

まず、ジェノワーズをお初のレシピでやりましたが 泣きそうなほどの 軽さとふわふわ度😭💕

バターを使わず太白胡麻油を使ってるので とにかく軽い。

 

 

f:id:haruchi1130:20161202172342j:image

 

使用したレシピはこちら↓
http://recipe.cotta.jp/recipe.php?recipeid=00010634

ナッペのやり方や生クリームのあわ立て方

ナッペ後のケーキを トレーへ移す方法など

とても詳しく丁寧に書かれています(〃▽〃)

 

 

 

焼き縮みも ほとんどなく4枚切りに。

(相変わらず切るのが下手)

 

f:id:haruchi1130:20161202172443j:image

 

 

ただ、キメが…。

気泡が均等ではなく 大きい気泡ものもたくさん…!😭

キメが荒いという点でも 焼き縮みの原因なんだろうなと。

 

あわ立ての最後に もう少しキメを細くする時間を取った方が良さそうです。

いつも同じ点でつまずくので 今度こそ 反省を…。

 

 

f:id:haruchi1130:20161202173242j:image

 

シロップはラム酒を混ぜたものを使用し

たっぷり塗りたくってます💭💭💕

 

 

 

f:id:haruchi1130:20161202173523j:image

今回のガナッシュ

クーベルチュール3」:「牛乳1」:「ラム1」

の割合です。 

 

 

f:id:haruchi1130:20161202173822j:image

ホイップは 生クリームに 挟む用とは別のガナッシュをつくり 混ぜ込んでチョコクリームにしてます。

 

 

f:id:haruchi1130:20161202174103j:image

ホイップのみの段、ガナッシュのみの段

そして、両方挟む段🙈💕(意味のない謎のこだわり)

 

 

f:id:haruchi1130:20161202174238j:image

グラサージュをかけナッペの汚さを紛らわせようと…しましたが

グラサージュに空気が入っていて

気泡が目立つ(._.)

 

 

f:id:haruchi1130:20161202174528j:image

でも この垂れてる感は いつもより いい感じな気がする…!

 

 

 

 

最後にデコレーションして こんな感じ。

f:id:haruchi1130:20161202174641j:image

絞りも不恰好ですが 一応 いつも通り星8切口金を使ってます。

もう一つ小さいサイズ 8切り口金と

6切口金が欲しい。

 

 

取り敢えず 家族からは

「前のより全然美味しい!!」という言葉を聞けました。

 

 

 

 

 

ちなみに余った生クリームは

ブラウニーにしてみました。

 

 なんとなーくの配合で作りましたが 案外ちゃんとしたものが…!

 

バターの消費を抑えたかったので

バター不使用です。

 

ー材料ー

小麦粉 170g
アーモンドプードル 30g
ベーキングパウダー 小さじ3

ココアパウダー20g
砂糖 95g
太白ごま油  90g
全卵 1個
牛乳+生クリーム  100cc

ー仕上げー

お好きなアーモンド  適量

 

 

今回はホイップしたクリームは30グラム程度だったので 牛乳を70グラム入れて作りました。

生クリームが多いほどしっとりしたものになります。

 

ー準備ー

  • 小麦粉、アーモンドプードル、ココアパウダー、ベーキングパウダーはあらかじめ一緒にふるっておく。

 

  • 生クリームは鍋で煮溶かすか、レンジで加熱し 溶かし、牛乳と混ぜておく。

 

 

 

ー作り方ー

f:id:haruchi1130:20161202183428j:image

 1. 砂糖 、太白胡麻油、溶き卵をボウルに入れてよく混ぜる。


f:id:haruchi1130:20161202183622j:image

2.小麦粉、アーモンドプードル、ココアパウダー、ベーキングパウダーを一緒にふるったものを3/1加え ゴムベラでさっくり混ぜる。

 

 

f:id:haruchi1130:20161202183755j:image

4.牛乳+生クリームを「3」に三分の一加え 軽く混ぜる。(がっつり混ぜなくても良い)

 

 

f:id:haruchi1130:20161202183921j:image

5.「3」「4」と同様の作業をもう二回繰り返し粉類と 牛乳+生クリーム を全部混ぜ合わせる。

 

 

f:id:haruchi1130:20161202184210j:image

6.型に入れ お好みでアーモンドを散らし

180度に予熱したオーブンで20分焼き、170度に下げて10〜15分焼く。

 

 

f:id:haruchi1130:20161202182738j:image

表面はさっくり 中はふんわり軽い ブラウニーさん💓

太白胡麻油が無ければ サラダ油でも出来ますが焼き上がり後のことも考えると やはり太白胡麻油が1番。

 

雑に作ったはずのレシピでしたが 余り物で作ったと思えば満足(*´∪`)

 

他にもホイップした生クリームは

冷凍してストックし お菓子に添えたり熱々のコーヒーに浮かべたり。

卵と混ぜて 冷凍すればアイスクリーム。

ゼラチンと混ぜてムースも作れます。

少量でも 使い道はあるので 捨てないで応用を…!