ちゃば

作りたければ見よう見真似で作ってみる

買ってよかったモノ

 

以前 リクエストで 買ってよかったもの や 使ってる道具を教えて欲しいと言われたので ブログに書いてみようかな〜…と。

参考になれるか わからないけれど…(笑)

 

お菓子作りを独学でやってる身としては

「お手軽便利アイテム」や「よく使うもの」が

買ってよかったものになるんですけれども、

今日は 個人的なお勧め品を ご紹介しようかなと思います。

 

 

 

 

ーフルール・ド・セルー

f:id:haruchi1130:20171229180617j:image

 

お塩なんですけど 粒子がとても大きいんです。

 

f:id:haruchi1130:20171229180648j:image

比べてみるとよくわかります。

右がフルール・ド・セルで、左が普通のお塩。

 

粒子が大きいので 生地に混ぜ込んでも しっかりとアクセントとしてのお味がでます。

 

バターたっぷりガレットブルトンヌに入れると凄い美味しい♡

他にもマドレーヌやフィナンシェ、カトルカールなどの焼き菓子にも良く使用してます。

 

ただ、パンの生地に混ぜ込んだり というのは

生地の中に均等に混ざりにくく

発酵不足の原因になるのであまりお勧めしません。

 

製パンに使うときは生地に混ぜるのではなく

塩パンを作る時などに

パンの表面に乗せて焼成するのがオススメです。

 

 

 

ーピスタチオダイスー

 f:id:haruchi1130:20171229180749j:image

ピスタチオダイスは生地に混ぜ込むより、おめかし用に良く使います。

f:id:haruchi1130:20171229181620j:image

色味が鮮やかなので デザートに軽く散らしたり、焼成前の生地に乗せて 一緒に焼いたり。

お菓子に少し添えるだけで 全体が明るくなるのでピスタチオダイスは常備品です。

 

 

ホイップクリーム

f:id:haruchi1130:20171229181651j:image

私が常備してるのは このスプレータイプホイップクリーム

生クリームやホイップは 「生物だから早く食べないといけない」というデメリットがあり、

使う都度に買わなくてはならなくて、

余っても すぐに使わないとならない…と思ってたんですが

このワンダーホイップクリームは未開封の状態だと常温保存ができ、開封後も一ヶ月冷蔵保存ができます。

 f:id:haruchi1130:20171229181741j:image

そのままお菓子に少し添えるのもいいんですが、我が家では 一度小さなボウルに ホイップクリームを絞って、少量の牛乳を加えてグルグル撹拌。

そのあとちょうど良くトロッとしたクリームをお菓子にかけて食べます。

変なくどさがなく、スッキリとした味わいのクリームなので食べやすく

ちょっとしたときに使えるのでとてもおすすめです。

ただ、長時間の保形性はないので 「食べる直前」に絞ったり かけたりしなければならないのでご注意を。

 

 

バターミルクパウダー ー

f:id:haruchi1130:20171229182043j:image

私はパンに練りこんだり、カスタードクリームやバタクリ、チーズケーキ混ぜ込んで良く使います。

他にもスポンジ系のお菓子やサブレ系のお菓子にも使えますし、

お食事系だと ホワイトソースなどを作るときに入れるなど、何にでも使えて便利です。

 

上記にも記載したよう金銭面の問題や保存期間の問題で 生クリームはあまり常備しないのですが

そんなときにバターミルクパウダーを入れると

リッチなクリーミーさをプラスできます。

 

 

ーゼラチンー

f:id:haruchi1130:20171229182223j:image

「 cottaゼラチンパウダー」として売っているものですが、このゼラチンは顆粒のゼラチンで

5グラムずつ小分けにされています。

家で使う分にはこの小分けがとてもありがたい。

そして なんといっても ふやかす必要がなく 50度前後のものに ふやかさず そのまま加えても しっかり溶けてくれます。

とにかく 保存方法も使い方も楽なので 家に常備している お品です。

 

 

ドライイースト

 f:id:haruchi1130:20171229182306j:image

画像のものは「サフ インスタントドライイースト」の 赤と金です。(3g×10袋入りのもの)

小分けになってるので 基本的には一回分の製パンで(家庭用として)一袋を使えます。

イーストの劣化が防げるので、急いで使わなくても少量ずつ使いたいときに使えるのがありがたい商品です。

また、赤は お食事系の糖度の低いパンに使用し、金の方は糖度が高めの菓子パンに使用します。

使い分けが簡単で失敗が防げるので 私のような製パン初心者さんにも オススメの使いやすいイーストです。

 

 

 

 

ー乾燥卵白ー

f:id:haruchi1130:20171229182419j:image

卵白を乾燥させた乾燥卵白です。

卵白に溶いて使ったり、グラニュー糖に混ぜてメレンゲ作りに加えたり。

卵白に加えるとコシの強いメレンゲが作れます。

シフォン系のお菓子や マカロンなど

メレンゲの質が大事なお菓子や

油分が多くメレンゲが壊れやすい生地に良く使います。

 

 

ー離型油ー

f:id:haruchi1130:20171229182525j:image

私が使っているのは「昭和化工 ZERO」です。

マドレーヌやフィナンシェなどの糖度の高い生地も 型から 綺麗に剥がれてくれるのでおすすめです。

ただ、たくさんスプレーすると 油っこいお菓子になったり、表面が揚げ焼きしたような 独特の食感になったりします。

他にも ゆっくりスプレーしようとすると ノズルが 泡だらけ(油分だらけ)になったりもするので 

使用するときは 迷わず一気に手早くかけるのがコツです。

 

 

ー プリン瓶ー

f:id:haruchi1130:20171229182731j:image 

おなじみのプリン瓶。

90mlサイズの可愛い瓶なので

ちょこっとデザートを作りたい時に多用しています。

 f:id:haruchi1130:20171229182751j:image

蒸しプリンももちろんですが、

ガラス瓶なので 色移りや匂い移りもしにくく、あらゆるものに使用できるので便利です。

 

 f:id:haruchi1130:20171229182838j:image

私は デザートを作る以外にも 卵白や卵黄が余った時の 保存容器としても良く使ってます。

 

 

 

ー温度計ー 

f:id:haruchi1130:20171229182907j:image

温度計って色々種類があって

この類のもの以外にも 赤外線の温度計が欲しいなぁーと、個人的には思ってるんですが、

結局はこれ一つで 案外作業ができてるのも事実なので 用途は幅広く 良く使える品だと思います。

ゼラチンを使うお菓子の 温度管理や

テンパリング、パンの発酵時、イタメレ、などに良く使っています。

 

 

 

ー口金ー

f:id:haruchi1130:20171229183001j:image

口金は とにかく種類が多くて

持っていてもあまり使ってないという口金が今も多々あるんですが、今回良く使うものや おすすめのものをご紹介。

  

f:id:haruchi1130:20171229183037j:image

一番使用率が高いのは 丸口です。

画像のものは孝義丸口金 #9で、

私は基本的に この口金を一番良く使ってます。

 マカロンやブッセ、ダックワーズ、ガナッシュやバタクリの絞り、シュークリームなど。

  

f:id:haruchi1130:20171229183110j:image

次に良く使うのは 孝義口金8切#5です。

絞り出しクッキーや パリブレスト、デコレーションケーキ、マカロンやダックワーズのフィリングなど使います。

 

ほかに似たような口金だと

 孝義口金12切もすごく使いやすくてオススメです。

口金の写真を撮るのを忘れたんですけども

f:id:haruchi1130:20171229183145j:image

ここらの写真のお菓子は12切の口金を使っております。

 

 f:id:haruchi1130:20171229183313j:image

あとは、用途は少ないけれど

個人的にとてつもなく好きな口金がこちら。

特殊口金サクラ2F。

f:id:haruchi1130:20171229183404j:image

サクラの形が絞れてすっっごいかわいいんです…!!

 

 f:id:haruchi1130:20171229183440j:image

他は作りたいものにもよるんですが 、
私の場合は 家族がシュークリーム大好きなので シュークリーム用の口金も良く使ってます。

f:id:haruchi1130:20171229183529j:image

シュークリーム用の口金を使うと 崩れにくく、たっぷりクリームを入れられるので

プレゼントにも最適です。

 

 f:id:haruchi1130:20171229183625j:image

他にもモンブラン口金(画像は中サイズ)は モンブラン以外にも

スイートポテトタルトやエンジェルケーキ、クグロフ型のケーキのデコレーションにも使えるので

デコレーションに行き詰まった時に使ってます。

 

 

あとは 口金ではないんですが

口金使用時の便利品として。

 f:id:haruchi1130:20171229184025j:image

カップリングがあると 口金の交換が楽なので

絞り出しクッキーやデコレーションケーキ、カップケーキのデコレーションなどを作るときにとってもおススメです。

 

 

 

ー アクリルルーラー ー

 

 f:id:haruchi1130:20171229184218j:image

タルトやクッキー作りに良く使うアクリルルーラーです。

私は3ミリのものが家にあるのでそれを使ってます。

これがあると一定の厚さに生地を伸ばせるので

アイシングクッキーを作るときなんかは必ず使っています。

 

 

 ーベジタブルナイフー

 f:id:haruchi1130:20171229184305j:image

これはほんとに 一度使ってみて欲しいというご商品。

フルーツを切ったり、パウンドやパンをカットしたり、野菜を切ったり、ケーキをカットしたり。

 

あらゆる用途で使える お勧め品です。

 

例を挙げるとオランジェットつくる時のオレンジの輪切りとか。

普通の包丁だとカットしたときの圧で 果実が潰れてしまったりするんですが

この包丁だと薄くスライスしても綺麗な断面になります。

軽い力で切れるので フルーツのカットやお菓子のカットにはとっても最適で 買ってよかったモノの一つです。

 

 

ー ドレッジ ー

f:id:haruchi1130:20171229184807j:image

この二種を主に使ってます。

 

f:id:haruchi1130:20171229184856j:image

白いものは お馴染みのTC Pドレッジ。

画像のようにカッティングボードに押し付けても 変形しにくく 安定の硬さがあるドレッジです。

パン生地をカットしたり サブレ生地を切り混ぜたりする時に良く使います。

 

 f:id:haruchi1130:20171229185053j:image

対してピンクのものは cottaオリジナル ソフトドレッジ。

普通のドレッジより柔らかくボウルにフィットしやすいので マカロナージュをしたり

生地をかき集める時に使っています。

 

 

ー着色料ー

f:id:haruchi1130:20171229185122j:image

昔は 粉末の着色料を使っていたんですが

今は 使いやすさに惹かれて ウィルトンのアイシングカラーを使っています。

ジェル状の着色料なので 水で溶く必要もなく すぐに使えます。

また、発色がとてもよいです。

 

ただ、デメリットとしては 水分を含んだ着色料なので、生地の水分量が多くなります。

アイシングを作る時は ベースのアイシングを硬めにつくっておいたり、

カロンを作るときは 水分量を少し調節する必要があります。

特に黒の着色料を使う場合は 生地に対して多く追加しないと 灰色のような色になってしまうので水分量の調節は必須です。

 

 

f:id:haruchi1130:20171229185210j:image

チョコレートを着色するときは 上記のものは あまりよろしくないので、

チョコレート専用の色素を使ってます。

f:id:haruchi1130:20171229185410j:image

溶かしたカカオバターに色素を混ぜて 

チョコモールドに塗り チョコを流し込めばボンボンショコラも作れます。

 

 ーOPPシートー

f:id:haruchi1130:20171229195537j:image

18×18センチのOPPシートです。

ちょいと面倒なんですが、チョコで文字や絵を書いたりするときに、チョコペンのチョコを溶かして OPPシートで作ったコルネに入れて使うと、綺麗にかけます。

他にもアイシングをするときには必須用品です。

 f:id:haruchi1130:20171229185507j:image

クッキングシートを使うコルネもありますが

クッキングシートを使うと どんどん乾燥してしまったりするんですよね。

 

ちょっと添えるようなチョコ細工を作るときにも このOPPシートだとちょうどいいサイズなの扱いやすく 気軽に使えます。

 

 

ーパレットナイフー

f:id:haruchi1130:20171229185639j:image

 こちらは、普通のケーキのナッペなどに使うパレットナイフではなく、アイシングをするときに使用しています。

「孝行ステンレスパレットナイフ No.4」というものです。

少し小さめサイズで持ち手も木でできているので持ちやすいです。

 f:id:haruchi1130:20171229185702j:image

アイシングを作るときは しっかり練らないと 油染みの元になったり 色落ちしたようになるので練りやすい 柔らかなパレットナイフを使うようにしているのですが、

このパレットナイフは柔軟性がありロイヤルアイシングを練るのに すごく使いやすいです。

 

 

 

ー型抜きー

型抜きたくさん種類があるんだけれど

よく使うシンプルで可愛い形はこちら。

f:id:haruchi1130:20171229185916j:image

「バネ式18-8 クッキーカッター(プレッツェル)」というものなんですが、バネ式なので綺麗に型抜きできます。

 f:id:haruchi1130:20171229185948j:image

あともう一つ おすすめなのは「KM 抜き型 デージーとマーガレットの花びら 中」

というもの。

可愛くて ちょうどいい大きさなので お菓子に添えたりするときにも よく使います。

セット売りされてる安いものもあるんですが

安いものはバネが外れやすいように感じます。

 

 

ーセルクルー

f:id:haruchi1130:20171229190043j:image

セルクルは持っていて損はない型ですよね。

ムース系のお菓子も使えますし

ガレットブルトンヌを作ったりフォンダンショコラを作ったり、シュクレの型抜きに使ったり。

画像のものは「18-0セルクルリング丸型 60径×H50mm」という商品です。

f:id:haruchi1130:20171229190247j:image

このガレットブルトンヌもこの型を使ってます。

 

 

ーマフィン型ー

f:id:haruchi1130:20171229190703j:image

よく使うマフィン型は この ミニサイズ。

ティファニー マフィン型(12個取)」です。

ボリュームがそこまでないので 他のお菓子と合わせてプレゼントするときに すごいいいサイズなんです。

f:id:haruchi1130:20171229191132j:image

この型でマドレーヌやフィナンシェを焼いたりしても可愛いです。

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20171229191511j:image

もう一つ持ってるマフィン型は
「cottaオリジナルマフィン型(6個取)」というもの。(上がcottaオリジナルマフィン型)

普通のマフィン型と違って 勾配がありません。

 

f:id:haruchi1130:20171229192353j:image

まっすぐ生地が立ち上がるので アレンジの幅が広く 色々な焼き菓子やパンに使っています。

 (シュクレ生地やパイ生地を敷き詰めて焼くのもおすすめ)

 

ーバニラビーンズペーストー

 f:id:haruchi1130:20171229192437j:image

私が良く使ってるのは「オーガニックバニラビーンズペースト 65g」

 f:id:haruchi1130:20180117142220j:image

このようなチューブ型のものもあるんですが

単純に「オーガニックバニラビーンズペースト 65g」の方が割安で売ってることが多いのでこちらを買うことが多いです。

 

ただ、使いやすいのは50グラムが入ってる チューブ型の方。

スプーンなどですくう必要もなく チューブの先も汚れることなく生地に混ぜこめるので圧倒的にこちらの方が使いやすいです。

 

バニラビーンズペーストは お手軽に冷菓子にも 焼き菓子にも幅広く使えるので とてつもなくおすすめな商品です。

 

 

 ーピックー

f:id:haruchi1130:20171229192618j:image

 ピックがあると お菓子が華やかになるので よく使います。

色や形も幅広く色々な種類があるので

色を鮮やかにしたいときは 明るい黄緑やピンク系。

オペラなどシックな雰囲気のお菓子には 黒や赤系のピックをよく使います。

金や銀は比較的何にでも合うので使いやすいです。

 

f:id:haruchi1130:20171229192643j:image

こちらは マルサンパントリーで買った
「金のハッピーバースデー(大)」

紙のピック以外にも 飾りとして

私はパイピングが苦手なので、 このような飾りを使ってごまかすことが多いです(笑)

 

 

 

ーシールー

f:id:haruchi1130:20171229195655j:image

シールはプレゼント用によく使います。

ただ貼るだけで お店のような出来栄えになるので 常備品です。 

どのお菓子にも使えるシールもありますし、

特定のお菓子にしか使えないシールもあるので、雰囲気やラッピングの仕方によって ちょうど良いシールを選ぶようにしています。

 

ー鮮度保持剤ー

 

誰かにお菓子をプレゼントするときや

すぐにお菓子を食べないで、保存しておくときに必須の鮮度保持剤。

 

f:id:haruchi1130:20171229195744j:image

乾燥剤はシート状のものと シリカゲルを使っています。

特に分けて使っているわけではないんですが、

型抜きクッキーやアイシングクッキーなどは

シート状のものを使って 割れにくいようにしています。

対してシリカゲルは 家でお菓子を保存するときやメレンゲクッキー など 立体的な乾燥菓子を保存するときに使うことが多いです。

 

 f:id:haruchi1130:20171229195830j:image

脱酸素剤のウェルパックは

専用のガス袋に入れシーラーで袋を密封し使用します。

酸化が防げるので 菓子が傷みにくくなります。

また、乾燥剤のように乾燥するわけではないので  しっとりさを持続させたい カトルカール、クグロフなどのバターケーキや

マドレーヌ、フィナンシェ、マフィン、焼きドーナツなどの保存に向いてます。

 

 

ー保存袋ー

鮮度保持剤のウェルパックを使用する際に 必要になるガス袋。

f:id:haruchi1130:20171229195842j:image

酸素を通さないので しっかりと密封ができ、

菓子をプレゼントするときは基本この袋を使ってます。

またOPP袋より 頑丈でシワになりにくく、

特にマット素材のものは菓子の油分が目立つこともないのでサブレ系のものをラッピングしたりするときも基本この袋です。

 

 f:id:haruchi1130:20171229195932j:image

対して OPP袋は 日持ちしない生菓子を包むときに良く使います。(マカロン、ブッセ、バターサンドクッキーなど)

ガス袋よりお値段が安いので 鮮度保持剤を使わないお菓子はOPP袋を使うことも多いです。

 

 

ドーバーパストリーゼ77ー

f:id:haruchi1130:20171229200734j:image

 有名な消毒液です。
この前テレビでも特集されていてびっくりしました。
この消毒液は 製菓の道具だけでなく 食品にも直接かけられるので、フルーツなどの消毒にも使うことがあります。
人にあげるようなものは、衛生面もしっかり気にする必要があるので、 そのようなときには 必ず使う必需品です。

 

 

ー シーラー ー

f:id:haruchi1130:20171229201037j:image

私が使っているのはクリップシーラー。

ハンディングシーラーの方がお安いので 最初はそれを使っていたんですが綺麗に密封するのには なかなかコツがいり、 簡単にできるクリップシーラーに買い換えました。

挟んでボタンを押すだけで 袋が密封されるのでお手軽に使えます。

 

菓子を入れた袋はもちろんのこと、

害虫が入りやすい薄力粉や 油分が多く酸化しやすいアーモンドパウダー、チョコレートなども 余った分は シーラーで袋を密封して保存しています。

  

 

 

こんな感じだろうか。
オススメしたいものはもっともっとたくさんあるんだけれど、しきれないので 今回は ここまで。
またいい商品が見つかったら ブログでレポ書きます。

 

基本的に製菓や製パンはcottaさんで購入しています。お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】

 

たまに富澤商店(クオカ)やマルサンパントリーでもお買い物しますが

他の店よりcottaさんはセールも多く品揃えも多いので総合的に買う回数が多いのはやっぱりcottaさんかなぁ。
cottaさんにないものを探したりするときに 他のお店を利用するようなスタイルで好みの商品を買うようにしています。

 

 

 

 

 

 

  

冷凍パイシートを使ってみたよ

 

つい最近、、でもないんだけれど

以前に cottaさんで噂のパイシートを買ってみたんです。

 

これです、これ↓

冷凍 パイシート10cm×10cm(30枚入) | お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】

 

みんな口を揃えて 美味しいというから

どんなもんかと気になっちゃって…

 

それに30枚でこの価格…!

すごくお安い…!

 

冷凍パイシートを使うのはいつぶりだろう!

なんてことを考えつつ、試しに焼いてみました。

 

f:id:haruchi1130:20171213220619j:image

 

余り物で作ったので

凝ってるわけでも ないです。

レシピ見て作ったわけでも レシピ作ったわけでもなく、適当に目分量なので ブログに書くほどでもないんだけど

とにかく パイの美味しさを伝えたくて(笑)

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171213221100j:image

こんな感じに切り込み入れて 生地を重ねて。

 

 f:id:haruchi1130:20171213221131j:image

余ってたクリームチーズを消費したくて作ったので クリチを乗せて 卵を塗って。

 

クリチは加糖しました、すこしだけ。

 

パイ生地は カットせず、伸ばしもせずに4枚使用しました。

4枚に対し 今回使ったクリチの量は 100グラムぴったしです。 

 

 

f:id:haruchi1130:20171213221616j:image

220度で20分くらい焼いて、一旦オーブンから出します。

 

f:id:haruchi1130:20171213221946j:image

そしたら、冷凍ブルーベリーをグラニュー糖と共に火にかけて ソース状にして

焼いたパイ生地の中にどぼん。

 

f:id:haruchi1130:20171213222430j:image

冷凍ラズベリーも常備してるので、そちらも一個作ったんだけど、ラズベリーって種が多いから こっちはブルーベリーと違って ピューレにして一度濾して、その後加糖してソースに。

 

でもソースだけだと 何となく物足りないので、

凍ったままのラズベリーちゃんを 3つだけ 上に乗っけて。

 

そしたら、再度、すこし温度を下げて5〜10分加熱。

ソース入れてからもう一度加熱した方が ソースの表面が乾燥&熱で固まるので 崩れにくく 食べやすいから。

 

ただそれだけの理由だから

最初からクリチの上にソース乗っけて 焼いてもいいんだけど ソースが 横にはみ出たり、クリチと混ざったら嫌だなと思って 今回はやめておきました。

 

 

f:id:haruchi1130:20171213222658j:image

焼き上がりはこんな感じ。

ピックさして 色味が足りないなと思って 適当にピスタチオをばらまいて(笑)

 

 

f:id:haruchi1130:20171213223205j:image

断面はこんな感じ。

ちゃんと層が見える〜♡

 

f:id:haruchi1130:20171213223257j:image

 

高さも結構出てくれました。

 

 

みんなが美味いって言ってる理由が

すごくわかった気がする…!

 

スーパーとかで売ってるパイシートとは全然違うね。


家で作ったフィルタージュみたいにバターの風味がしっかりあるし、とても軽い。 

しつこい風味でもなくて、噛むとふんわり広がるような バターの香り。

 

 

f:id:haruchi1130:20171213223509j:image

あとは、このパイシート しょっぱい系のお菓子にも合いそうだなと思って ベーコンと塩胡椒と共にクルクル巻いてカットして 焼いてみました。

 

フィルタージュの練習しなきゃ〜!

冬場しかできないのに…。

と思いつつ、多分今期は 冷凍パイシートに頼りまくります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミートソースは便利だね、という話

この間 トマトが余ってたから ミートソースを作ったんだけど 何にでも合うし 冷凍もできるし 便利ですなぁ、と思って。

 

 

f:id:haruchi1130:20171204132253j:image

おうちにあったのは 中くらいの大きさのトマトさん。

 

f:id:haruchi1130:20171204132344j:image

ヘタとって 二箇所穴あけて お湯の中へ。

 

f:id:haruchi1130:20171204132450j:image

トマトの湯むき中に、玉ねぎをみじん切りにして 飴色になるまで炒める。

 

 

お母さんがミートーソース作ると 面倒なのか軽くしか炒めないんだけれど、玉ねぎを ちゃんと炒めれば 甘味が出るから調味料も少なくて済むのに。もったない。

 

 

f:id:haruchi1130:20171204132924j:image

あとは 家にあった合挽肉も適当に炒めて

湯むきしたトマトと炒めた玉ねぎと共にフライパンへ。

 

ひき肉は臭みが出るから 単体でしっかり炒めてから 他の具材と合わせた方が 臭みが少ないものができます。

 

あとは 油ひく人いるけれど、

ひき肉自体が 油分を持ってるから 油引かなくても全然炒められる。

 

 

f:id:haruchi1130:20171204133651j:image

 

コンソメ入れてケチャップを加えて グツグツ煮込んで おしまい。

 

人参とか しいたけとか ナツメグとか あれば入れたんだけれど、

「トマトが余ってたから」作っただけなので お手軽に 家にあるものだけで。

 

 

 

 

あとは、ミートソースをいろんな食べ物に投入〜♪

 

 

f:id:haruchi1130:20171204134212j:image

薄力粉と強力粉と水とサラダ油を加えて

ぐるぐる混ぜて

f:id:haruchi1130:20171204134357j:image

こんな感じにまとまったら

軽く打ち粉をして うすーく伸ばす!

 f:id:haruchi1130:20171204134420j:image

 

このときにベタついてうまくできないという人がいるんだけれど、

クッキングシートや くっつかないアルミホイルの上で伸ばして そのまま 焼き上げれば 生地がが破れることもなく

ど簡単なのでとてもオススメです。

 

私はよく コッタさんで買った 何度も使えるオーブンシートを敷いて焼いてます。

cottaオリジナル くりかえし使えるオーブンシート(30×100cm) | お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】

 

 

f:id:haruchi1130:20171204134657j:image

フライパンで焼いたら

f:id:haruchi1130:20171204134856j:image

濡らしてよく絞ったキッチンペーパーで包んで冷まして トルティーヤに。

焼きあがってそのまま使うまで放置しとくと

乾燥しちゃってパリパリで包めなくなっちゃうんだよね( ;  ; )

 

 

f:id:haruchi1130:20171204135113j:image

塩揉みしたキャベツの上にミートソースを乗せて包んだら

簡単にブリトーが作れちゃいます。

簡単なのでオススメ。

f:id:haruchi1130:20171204135230j:image

ブリトー作ったら、食べる直前まで

濡らしてよく絞ったキッチンペーパーを上から被せるように包んで

その上から更にラップで包んでおくと 

しっかり 生地に跡が ついて 崩れにくくなります。

 

 

f:id:haruchi1130:20171204135835j:image

他には ご飯の上に 細かくした野菜乗っけて  ミートソースとポーチドエッグとパセリさんを乗せてみたり

 

 

f:id:haruchi1130:20171204140116j:image

ど定番のミートソースパスタにしたり

 

 

f:id:haruchi1130:20171204140314j:image

ドリアにしてみたり。

 

 

本当にいろいろ使えるので

ストックにとてもオススメ。

 

ただ、保存するときは 匂いいが付きやすいので

プラスチックのタッパー使うよりは

ラップとか 陶器を使った方が良い気がします。

 

 

 

 

スイートポテト

 

 f:id:haruchi1130:20171204125003j:image

11月の最後の日に さつまいもさんを貰ったので手っ取り早く スイートポテトにしちゃいました。

 

もうちょっと早く 貰ってたら くりえいてぃぶにも参加できたんだけど 

12月に突入しちゃったので 出遅れ〜(汗)

 

 

今回は さつまいもペーストを使ったわけじゃないので、さつまいも洗って 濡らしたキッチンペーパーとアルミホイルを巻いて

160度で2時間くらい  オーブンで加熱。

 

f:id:haruchi1130:20171204124909j:image

ほっくらした さつまいもさんができました。

 

昔はレンジで加熱して短時間で終わらせていたんだけど、

スジが すごくなっちゃう上に パサつきやすくて ペーストにしにくいんだよね( ;  ; )

 

 

全部で3本焼いたんだけど 一個は弟に食べられて量が減りました(笑)

 

焼いたさつまいもは 一回潰して…

f:id:haruchi1130:20171204125740j:image

 

 

そしたら、濾して〜 

f:id:haruchi1130:20171204125912j:image

 

 

濾した後の裏側は つぶつぶ〜

f:id:haruchi1130:20171204130001j:image

 

 

たくさんできました。

f:id:haruchi1130:20171204130133j:image

予想以上に多くて 半分くらいは 100グラム単位でラップに包んで冷凍庫へ。

 

最近冷凍に過信しすぎてない?って言われたんだけど  その通りです。

 

冷凍しとけばなんとかなると思ってる(笑)

早く使わねば。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171204130559j:image

さつまいも250gにグラ25gと全卵28g

牛乳15g、バター25g の割合で投入してぐるぐる混ぜて。

 

小麦入ってるわけでもないので グルグル容赦なく混ぜちゃっても大丈夫。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171204130910j:image

絞り袋に入れて シュクレの上に絞ってみました。

 

冷蔵庫に シュクレが余ってたので

タルトにしようかなと思ったんだけど

フォンサージュが苦手だから 気持ち悪い出来栄えになるだろうなと…。

 

なので包丁で長細くカットしておしまいにしちゃいました。

フォンサージュの練習もしないといけないね。

最近苦手な分野から逃げてばかりだ〜!

いつまで経っても苦手のまま(><)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171204131327j:image

おまけで 余った生地はグラシンの中に絞って

つまらないスイートポテトになりました。

 

 

 

 

 

 

ホール型でケークサレ (レシピ)

 

 

f:id:haruchi1130:20171113182646j:image

 

劣化し始めた野菜があると ついつい作ってしまう ケークサレ

今日も作っちゃいました。

 

本当はフォンサージュの練習しようかなと思ってキッシュにしようとしたんですけども…

パートブリゼを作るのが面倒だな と思いまして やめちゃいました(笑)

 

 

我が家のママさん、

なんでも取っておこうとする癖があるから

使わないのに冷蔵庫に色々保存してて、結局腐らせて終わりなんです(..)

 

冷蔵庫や冷凍庫の中がパンパンにならないよう

ママさんに気づかれないように

こっそり使わなそうなものから捨ててるんですけども

やっぱり勿体無いから 使えるものだけでも使おうかと思って。

 

で、そんな時にイイのがケークサレ〜♪

 

アレンジ簡単だし 余ってる食材をバンバン詰め込める…!

 

 

ということで、今日はそんな ケークサレのレシピをご紹介致します。

 

 

f:id:haruchi1130:20171113183639j:image

今回使ったのは このお野菜たち〜

家にあったものを ポイポイ適当に入れてるので

他のものでも全然OKです。

 

今回は肉類を使わず、ガーリックの香りで がっつり食べ応え感を出してみましたが

もし入れるならハムやベーコン、ウインナーがオススメです。

臭みが出る生肉は あまりオススメしません。

 

 

ー材料ー18センチホール型

 

人参…55g

ブロッコリー…50g

ナス…1本(65g程度)

キャベツ…100g(芯を取ったもの)

にんにく…2〜3欠片

プチトマト…5〜6個程度

☆サラダ油…大さじ1

コンソメ…5g

 

 

全卵…2つ分

♢サラダ油…20g

塩…2g

牛乳…140g

○薄力粉…100g

○ベーキングパウダー…3g

(お好みで胡椒)

 

 

ー準備ー

・オーブンは190度に予熱しておく

(オーブンレンジを使用する場合は ブロッコリーと人参を加熱した後)

・「○」は一緒にふるっておく

・型にクッキングシートを敷いておく。(底が抜ける型を使う場合は 生地が漏れやすいので 型の底面をアルミホイルで包む)

 

 

ー作り方ー

 

f:id:haruchi1130:20171113184109j:image

1.人参を縦に半分に切った後 1ミリ程度に薄く半月切りにする。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113185134j:image

2.半月切りにした人参の半量を いちょう切りに。

f:id:haruchi1130:20171113185207j:image

こんな感じ↑

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113185240j:image

3.ぬるま湯を張った耐熱ボウルに「2」の人参と ブロッコリーを入れ ふんわりとラップをかけ600wのレンジで3分30秒加熱→使うまで そのまま放置、使う際はザルで軽く水を切る。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113185611j:image

4.ナスをいちょう切りにする(水分が多いためなるべく薄切りに。)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113185757j:image

5.キャベツは粗めのみじん切りにする。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113185847j:image

 6.にんにくもみじん切りにする。

f:id:haruchi1130:20171113190107j:image

この時に芽が出てる場合は 焦げやすくなるので取り除く。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113190215j:image

7.トマトは断面が見えるように輪切りに。

(今回は楕円型のトマトを使ったので 3、4等分してますが、通常の丸いトマトなら半分で)

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113190403j:image

8.フライパンに「☆」のサラダ油とにんにくのみじん切りを加え 香りが良く立つまで炒める。

(焦がさないように 炒めたら 他の容器に移しておく。)

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113190743j:image

9.にんにくを炒めたフライパンに

みじん切りにしたキャベツと いちょう切りにしたナス、コンソメを加えて 炒める。

f:id:haruchi1130:20171113190957j:image

全体がしんなりとして かさが減ってきたらOK。

(水分を加えなくとも 加熱した際に野菜から出る水分でコンソメはうまく溶けます)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113191107j:image

 10.ボウルに 全卵と「♢」のサラダ油、塩を加えよく混ぜる。(胡椒を入れる場合はここで入れる)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113191251j:image

11.「10」に牛乳を加え さらに混ぜる。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113191404j:image

12.「11」に薄力粉を加えて ダマがなくなるまで混ぜる。

(水分が多いためゴムベラではなく 泡立て器で混ぜるのがオススメ)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113191527j:image

13.「12」の生地に

軽く水を切ったブロッコリーと人参、

「8」で炒めた にんにく、 「9」のナスとキャベツを加えて ゴムベラでさっくり混ぜる。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171113191845j:image

14.「13」の生地を クッキングシートを敷いた型に入れ 「7」のトマトを並べ 

190度に予熱したオーブンで20分、

180度に下げて35分焼く。

 

 

  

f:id:haruchi1130:20171113192254j:image

焼き上げたばかりの生地はこんな感じ。

 

砂糖を入れてないので 焼き色がつきにくいです。各家庭のオーブンで温度を調節して焼いてください。

 

 

f:id:haruchi1130:20171113192443j:image

断面はこんな感じ。

比較的お好きなモノを入れて作れますが

2、3色、華やかな色の食材を入れておくと断面が綺麗に見えます\(^^)/

お菓子〜♪

f:id:haruchi1130:20171109205130j:image 

 

なんとなんとなんと!

初めてお菓子便送れました…!

 

一年くらい前に まこパン便を貰って

お返しを!と思っていたんですが

全くお返しできず…!

 

長らくお待たせして すみませんでした!

ほんと 送れてよかった! (〃▽〃)

 

 

実は まこちゃんへのお返し 以外にも

お友達が 我が家に来てくれたので

きてくれたお礼に わんさか お菓子を作りまくったんですが

 

f:id:haruchi1130:20171109205257j:image

一回こうやって ごちゃ混ぜにして写真撮ってみたかったんだ!!!

 

 

自分で言うのもなんだけど可愛い!!

 

 

もちろんお菓子作りも好きなんだけれど

とにかーく、ラッピングするのと

写真撮るのが楽しくて楽しくて…笑笑

 

 

 

 

 

 中に入れたモノの中で 余り物を使ってお写真を。

f:id:haruchi1130:20171109205429j:image

 

余り物だからあんまり綺麗なもんばっかじゃないけど…。

上記の画像は

オレンジのマドレーヌ

チョコチップとナッツのビスコッティ

チョコマフィン 

ガレットブルトン

です。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171109205619j:image

アーモンドダイスに見えるかもしれないけど

ビスコッティには ピスタチオダイスを入れてみました❤︎

f:id:haruchi1130:20171109205712j:image

乾燥焼きする前の状態なら

かろうじて ピスタチオの緑感がある気がするんだけど、

f:id:haruchi1130:20171109205823j:image 

 乾燥焼きしたあとは、あんまりピスタチオ感なくなっちゃいました。

やっぱ 長時間の加熱には向いてないね。

 

 

それでね。

ラッピングなんだけれど、

ペーパーヘッダーを使うと ホッチキス止める時に袋に穴空いちゃうんじゃ…って思っていて…

f:id:haruchi1130:20171109205058j:image

でも、ペーパーヘッダーでシーラーで止めたところをギリギリ隠せば全然大丈夫。

ペーパーヘッダー可愛いから 他の色のも欲しいな。ラッピングに困ったときに助かりそう。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171110173935j:image

オレンジのマドレーヌに使った オレンジのシロップ漬けはラップで一枚ずつ包んでジッパーに入れて冷凍庫へ。

全部一気に使うなら 一個ずつ包まなくてもいいんだけど 私は少量ずつ使いたいので

いつも 輪切りを一枚ずつラップで包んでから冷凍します。

 

こうすると使いたい分だけ解凍でき品質も落ちず長持ちするので 少し面倒だけれど 小分けにするときは少量ずつがオススメ。

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20171109220506j:image

こちらはクッキーとかパイとか…

 

型抜きしてあるのは バニラのサブレ。

和泉シェフのシュクレ生地を少しアレンジして バニラビーンズを沢山入れて 作ってみました!

 

レシピに強力粉が入っていたからグルテン出過ぎないかなーって心配してたけど

家族からは好評だったので、

さすが和泉シェフ!という気分に(笑)

和泉シェフのレシピなら間違いないね。

 

あとは、

ココアの絞り出しクッキー

ディアマン

紅茶のクッキー

ココナッツの一口パイ

イチゴのメレンゲクッキー

を作りました!

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20171110174458j:image

 

他はマカロンとガトーショコラ。

 

ガトーショコラはいつも使うレシピで。

アラベスクノワール 72のチョコレートを使いました。

 

個人的には ミルキーさと焦がしキャラメルのような風味があるアラベスク・レ34が一番好きなんだけれど ガトーショコラは ガンガンチョコ使うから 甘すぎるとくどいかなーと思って

ビターのノワールを使用しました。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171109211214j:image

カロンはどうやったら 壊れずに家まで着けるだろうか、、って悩んだ挙句

もう カップに入れちゃおう!ということになり 無理やり詰め込みました。

 

写真はないんだけど蓋が全然閉まらなくて 

必死でマステで止めて…(笑)

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171109211353j:image 

コーヒーのシフォンちゃんも作ったんだけどね

やっぱり、私シフォンケーキ 一生作れない気がするんだ(笑)

 

紙コップで作ったから 見た目はなんとかごまかせるけど スポッとコップから生地を外すと

すごい綺麗に底上げしてます( ;∀;)

 

f:id:haruchi1130:20171110173638j:image

こんな感じ。

実はシフォンは完璧に作れたことが一度もありません…!!!!!

 

作り方が悪いのか オーブンの癖のせいか。

オーブンのせいだったら なんだか作ったこと自体損した気分になるので

 いつも「今回こそは!」と思って作るんだけどね…。結局いつも同じ結果になる( ;  ; )

 

中心部までしっかり焼ける もう少し大きいサイズのオーブンが欲しいです〜!

 

 

 

f:id:haruchi1130:20171109211816j:image

そんなこんなで 取り敢えず お菓子は作れました!

 

 

衛生面が心配で 何かあったら嫌だなぁと思い、

まこちゃんへは 常温保存出来る子達しか送れなかったんだけれど

それでも、初めてのお菓子便!

なぜだかワクワク感がいつも以上でした❤︎

 

楽しかったので またやりたいな。

 

お友達にも喜んでもらえたようなので 満足です♡

 

また機会があれば 誰かに送りつけよーう♡♡

 

 

 

 

 

 

 

ふんわりスイートポテト(レシピあり)

 

 

台風も過ぎ去って また一段と肌寒くなったかと思えば また台風…。

インドアにつきます(笑) 

 

そんな中 1キロある おさつまさんを 今季中に消費しましょうかと 今回は スイートポテトを作りました(*^^*)

 

 

f:id:haruchi1130:20171025184558j:image

 

今回のスイートポテトは

メレンゲを加えたスフレさんです。

 

ねっとり濃い スイートポテトも好きですが

今回は ねっとりせず、濃すぎずのスイートポテトです。

 

 

 

ーふんわり スイートポテトー

 

ー材料ー マフィン型 6個分

さつまいもペースト…200g

卵黄…2つ分

マーガリン…30g

牛乳…45g

薄力粉…15g

コーンスターチ…10g

 

卵白…L2つ分

ラニュー糖…50g

 

 

ー準備ー

・マーガリンはレンジで温め 溶かしておく。

・薄力粉とコーンスターチは合わせてふるっておく。

・マフィン型にグラシンカップをセットする。
・オーブンを170度に予熱する

 

 

ー作り方ー

 

画像付きはこちらから「ふんわり♡スイートポテト」haru | お菓子・パンのレシピや作り方【cotta*コッタ】

 

1.さつまいもペーストに 卵黄を加えて よく撹拌する。

 

2.「1」がよく混ざったら溶かしたマーガリンを加え 再びよく撹拌する。

 

3.「2」に牛乳を加え よく混ぜて なじませる。

 

4.「3」に 薄力粉とコーンスターチを合わせてふるったものを加えて ゴムベラでさっくり混ぜ合わせる。→混ぜ合わさったら ラップをして 常温に置いておく。

 

5.卵白を「4」とは別のボールに入れ

ラニュー糖を三回に分けて加えて メレンゲを作る。
⚠︎泡立てすぎると 生地に馴染みにくくなるため、泡立て器を持ち上げた時に メレンゲがお辞儀する程度で 泡立ては終了する。
(泡立てなさすぎもダメなので、
ボウルを裏返して メレンゲが落ちないことを確認する。
メレンゲが落ちそうになる場合は 底に泡立ってない卵白が溜まっているため もう少し撹拌して様子を見る)

 

6.「4」に「5」のメレンゲの三分の一を加えて ゴムベラでさっくり合わせる。

 

7.「6」の生地に 残りのメレンゲ加え 再び さっくり混ぜ合わせる。

 

8.生地を グラシンカップに入れ、
170度に予熱したオーブンで25分焼く。

 

9.お好みで粉糖をかけて完成。

 

 

 f:id:haruchi1130:20171025191249j:image

焼きたては 卵の香りがふんわり香るスイートポテトです。

 

 

f:id:haruchi1130:20171025190616j:image

 

余った さつまいもさんで、 普通のスイートポテトも 作りました♡

こちらの分量は目分量なので レシピは ありません。

 

秋って いつまでが秋なんだろうか。

じゃかじゃか 消費していかないと 今季に全て 消費しちゃうのは難しいね。

 

半年くらい前に買った

桃缶と林檎缶もあるので、そちらも そろそろ使いたいです。

また何を作るか考えよう!