ちゃば

毎日のんびりと こねこね混ぜ混ぜ。

久しぶりのお菓子作り

 

 

梅雨のせいで 身体を動かす気になれず 

作ろうかなーと思っては やっぱやめようのエンドレス。

 

そして、今日 やっとエンドレスから抜けだせました!!(笑)

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170623202429j:image

今日作ったのは ガレットブルトンヌ。

バターの風味と塩気がいい相性♡

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170623202554j:image

模様をつけるのは いつもこちらを使用。

 TC チョコレートフォーク 3本刃 | お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】

チョコレート用のフォークって チョコ菓子にしか使い用がないって思って買うのをためらっていたんだけど 

 

チョコかけるだけじゃなくて、アイシング類をコーティングするときも使えるし

模様をつける時にも使えるし 一つあると 何かと便利!

 

セルクルはこれ↓

 18-0セルクルリング丸型 60径×H50mm | お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】

 

タルトリングとかセルクルっていろんなサイズあるから、どれ買えばいいか迷うんだよね。

 

以前ネットで買う時は実物が手元にないから

こんくらいかなぁ、、って想像して買っていたんだけども

最近はちゃんと 定規を使って測るようになった…!

 

家にあるのと同じようなの買っちゃったりしたらショックだからね(・・;)

 

 

  

 そして ガレット ブルトンヌの話に戻るけど

f:id:haruchi1130:20170623202538j:image

この厚みが好きなんだよ…!!

誰かわかって ガレットブルトンヌって側面すごく可愛いの!

 

相変わらず家のオーブンは癖がすごくて…

鉄板を左右入れ替えたりとかしたんだけど

結局焼きムラがムラムラついてる( ; ; )

 

 

f:id:haruchi1130:20170623204446j:image

うげー、

上から見るとやっぱ焼きムラすごいよね(泣)

 

我が家のオーブンだと アルミカップ使って焼いた方が焼きムラは付きにくいんだけど、アルミカップは使い捨てだから ついついセルクル型に走る。

 

あと、たまに 焼き上がりにオーブン開けたら生地が盛り上がっちゃって 爆発したみたいになった!という話を聞くのだけど

原因としては 生地中の気泡がオーブンの熱により膨張しちゃったから。

 

普通のクッキーより 生地が厚く、バターの配合も多いのがガレット ブルトンヌだから 中央部分が膨らみやすい。

 

あと、表現が難しいのだけど

模様を描いた線から 膨らんだようになる人もいるよね(私も経験者…!)

 

膨らまないようにするには

焼いてる途中 生地がぷっくりしてきたら オーブンを少し開けて庫内の温度を下げたり、

鉄板を取り出したり、

下熱を遮るため クッキングシートの下に新聞紙を何枚か敷いたり。

 

模様の線のところから 膨張しちゃう人は

模様を深く書きすぎていたりっていう原因も考えられるから注意…!

 

模様を描く時は 生地を削らないように ドレだけに模様をつけるイメージ。

 

生地がダレてると、綺麗にドレが塗れない上に、模様も綺麗に描けないので 必ず 生地は冷えてるものを。

ダレてきたら 必ず冷蔵庫に入れる!

 

ドレは全卵で作るより 卵黄、もしくは卵黄+少量のコーヒーがオススメ。

全卵だと卵白の水分で 水気が多くなり 生地に塗る時にはじいてしまってうまく塗れないことがあります。(ダレやすい生地は特に!)

 

湯で溶いたコーヒをほんの少し卵黄に入れると照りが濃く綺麗に付きますよう♡

 

 

今回 型にオイルスプレー昭和化工 ZERO(スプレー式離型油)500ml★ | お菓子・パン材料・ラッピングの通販【cotta*コッタ】をかけたんだけど

やっぱりこれ万能!

 

スルリと取れるよ!

ただ、私だけだと思うけど シューってかける時に 空気中に飛び散った油分が 気管支に入って かなりの確率で 咳が止まらなくなる(笑)

 

離れて手伸ばしてやるようにしてるんだけどなぁ。なぜだろう…~_~;

 

でも本当に万能だから みなさんにもオススメしたい。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170623225258j:image

そして今日余った卵白ちゃんは冷凍して

フィナンシェにでもしようか…。

って思ってたら 記載する日付 一ヶ月間違えた…!

最近ボケてるから シャキっとしんと…!

この間なんて お茶組もうとしたら コップ逆さまで 床がすごいことになったm(._.)m

 

まだまだ 暑くなるだろうけど みなさんも ボケボケしないように気をつけて…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いちごみるくパンレシピ

 

この前作ったいちごマカロン「ストロベリー マカロン」haru | お菓子・パンのレシピや作り方【corecle*コレクル】)でピューレが余ったので いちごみるくパンのレシピを作ってみたの…!

 

美味しくできたんだけど 春が過ぎちゃって コッタさんにアップするには ちょっと勇気がいるので 自分のブログに逃げてきました笑

 

 

 

ということでレシピを…!

 

 

 ー材料ー   (9個分)

 

ーフィリングー

薄力粉…15g

練乳…30g

牛乳…180g

バニラビーンズ…小さじ半分程度

 

ーパン生地ー

強力粉…200g

バターミルクパウダー…10g

ドライイースト(耐糖)…3g

塩…2g

砂糖…15g

ストロベリーピューレ…150g

バター(無塩)…10g

いちごパウダー…15g

 

(ストロベリーピューレは加糖10%のものを使ってます。)

 

ー準備ー

  • 薄力粉はふるっておく。
  • バターは常温に戻しておく。
  • ストロベリーピューレは50度前後の湯せんにかけて 人肌まで温めておく。

 

 

 

ーフィリングー

 

f:id:haruchi1130:20170508201227j:image

牛乳を鍋に入れて沸騰直前まで温め、練乳とバニラビーンズを入れよく混ぜる。

(バニラビーンズが底に溜まらないようにしっかり混ぜる! 牛乳を温めるのはレンジでも可)

 ↓

ふるった薄力粉の中に少量ずつ加えて泡立て器でサラサラの状態になるまで しっかり混ぜる。

 

 

f:id:haruchi1130:20170508221551j:image

 

ふんわりラップをかけて600wのレンジで1分加熱。

泡立て器で しっかり混ぜる。

(底の方にダマができやすいので注意)

「600wのレンジで1分加熱し泡立て器でよく混ぜる」

というのを 同じようにあと3回繰り返す。

加熱が終わったら 粗熱をとってラップをかけ ボウルごと冷蔵庫に入れておく。

 

 

 

ーパン生地ー

f:id:haruchi1130:20170508201405j:image

 

1.温めておいたピューレを「強力粉、バターミルクパウダー、ドライイースト、塩、砂糖」の入ったボウルの中に入れ ゴムベラでよく混ぜる。

 

2.ある程度まとまったら 手で捏ねていく。

 

3.手にくっつかなくなるまで捏ねたらバターを加え再び馴染むまでしっかり捏ねる。

 

4.「3」にいちごパウダーを入れ20分程度、生地を伸ばした時 膜が張るようになるまでよく捏ねる。

 

5.生地が滑らかになったらラップをして35〜40度で50〜60分程度一次発酵。

(糖度が高く発酵しにくい配合なので 発酵時間は長めに)

 

 

f:id:haruchi1130:20170508201425p:image

6.一次発酵が終わったら 指に強力粉(分量外)をつけフィンガーチェックを行う。

(生地が戻ってくるようなら発酵不足。

縮むようなら 発酵し過ぎ。)

 

7.生地を手で押してガス抜きをし、9等分に分ける。

 

8.「7」で分けたものを 滑らかな面が表面になるよう 丸く整形し ラップや濡れ布巾をかぶせて15分のベンチタイムを設ける。

 

 

f:id:haruchi1130:20170508201607j:image

9.ベンチタイムが終わったら 手で生地を押し、その後綿棒で一回り大きくなるように伸ばす。

(伸ばし過ぎ注意!包みにくくなる)

 

10.冷蔵庫に入れておいたフィリングをパンに包み 手でコロコロと転がして丸く整形する。

 

f:id:haruchi1130:20170508201650j:image 

11.40度で30〜40分程度 2次発酵し、一回り大きくなったら 強力粉(分量外)を茶漉しでふるいかける。(薄力粉でも可)

 

 

f:id:haruchi1130:20170508223540j:image

12.180度に予熱したオーブンを150度に下げ20分 焼成

 

 

f:id:haruchi1130:20170508223701j:image

とろっとろふわっふわの

いちごみるくパンができましたーん♡

 

水分量が多いので もっちりふんわりしていて

フィリングに入れたバニラビーンズや練乳とよく合います(・∀・)♡

 

画像一枚ずつ載せたかったんだけど

四月末に画像載せ過ぎで もう今月は載せられません 、みたいな通知が来ちゃったので

まとめて載せちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

バタースコッチキャラメルでケーキ♡

 

 

 f:id:haruchi1130:20170422181204j:image

念願のデカイパーバタースコッチキャラメル手に入りました!

 

前買おうとした時は大人気で売り切れ、、

でも、今回は入荷の知らせが来る前に

入荷してることに気づけて  そのまま ご購入!

 

 

 

 

 

今回はこれを贅沢に使って。

人気ブロガー 【陽子さん】のレシピを参考にバタースコッチをたくさん使ったケーキを作成しました!

 

▽▽レシピはこちら▽▽

「バタークリームのシンプルケーキ☆バタースコッチキャラメルで」陽子 | お菓子・パンのレシピや作り方【corecle*コレクル】

 

ジェノワは、コーヒーにしよう、と思ってたんだけど、

我が家の おかし食べてくれる子達が コーヒー苦手なので、ココア生地に変更。

 

私は ココアよりコーヒーの方が好きなんだけど 食べてくれる人いなかったら 作る意味なしなので 今回は我慢…!

 

 

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20170418233239j:image

作り方も材料も 陽子さんのを真似してますが、

ココアが入るので少し分量や作り方変えてます。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418231442j:image

まずはグラニュー糖を60度の湯せんにかけ卵に溶かして…

 

 

f:id:haruchi1130:20170418231626j:image

ハンドミキサーで泡立て〜♪

 ↓

f:id:haruchi1130:20170418231650j:image 

だんだんアワアワに、、

f:id:haruchi1130:20170418231732j:image

最後は低速にしてきめ細かく。

 

 

見てこれ!↓

f:id:haruchi1130:20170418231756j:image

 このハンドミキサーほんとに万能。

きめ細かくてツヤツヤ。

 

 

 

ここから少しレシピとは作り方が変わるんだけども 温めた太白胡麻油と牛乳と水に

f:id:haruchi1130:20170418232143j:image

泡立てた 全卵を少量加えて よく馴染ませる。

 

 

f:id:haruchi1130:20170418232301j:image

 

そしたら、馴染ませたものを 泡立てた残りの全卵に加え ゴムベラですくい上げるように混ぜる。

 

f:id:haruchi1130:20170418232358j:image

あとは、薄力粉+ココアパウダーをさっくり混ぜ合わせるだけ〜

 

 

f:id:haruchi1130:20170418232445j:image

型に入れて焼き上げてこんな感じのジェノワさん。

 

 

 

 

 

 そして次はバタクリ作り!

 

 

f:id:haruchi1130:20170422181304j:image

180グラムのバタースコッチキャラメルを70グラムまで煮詰めるのだけど

レシピにも記載してあったように 煮詰まるごとに 気泡が大きく!(画像のような感じ)

 

 

 f:id:haruchi1130:20170422181333j:image

バタースコッチキャラメルを70グラムまで煮詰めたら メレンゲ作りを開始。

卵白にグラニュー糖を入れて しっかり泡だてます。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170422181643j:image

そしたら、「グラニュー糖+煮詰めたバタースコッチキャラメル」を118度まで熱して 

それをメレンゲの中に入れイタメレを作ります。

 

もともとバタースコッチキャラメルは煮詰めてあるので118度になるまでの時間が早く

シロップを作ってる間にメレンゲが離水することもありません。

そこがとてもいい!

 

イタメレ作りが苦手な私でも簡単に作れました!

 

 

f:id:haruchi1130:20170422191414j:image

 

そしたら、クリーム状のバターの中にバタースコッチキャラメルを入れてよく混ぜて

イタメレも少しずつ投入。

混ぜてるそばから あま〜い香りが幸せでした♡

 

 

f:id:haruchi1130:20170422191540j:image

 

そしたら組み立て。

シロップ塗ったジェノワにバタクリを塗るんだけど、やはり難しい!

苦手だ…!

イタメレでつくるバタクリは

普通の生クリームよりコシがあるのよ。

そしてそして、ナッペするとき下手くそすぎて気泡だらけになる(ノ_<)

 

バタクリのケーキは全然作ったことなくて

未だにコツがよくわかってない。

 

 

f:id:haruchi1130:20170422192134j:image

余ったバタクリは全部しぼり袋入れて絞るんだけど 

ここでもまたハプニング

 

f:id:haruchi1130:20170422192332j:image

意味不明な絞り方をしてしまった。

 

f:id:haruchi1130:20170422192417j:image

 誤魔化しも含め キャラメリゼしたアーモンドスライスをトッピング。

 

f:id:haruchi1130:20170422192506j:image

色味が足りないので ピスタチオを飾って…

 

f:id:haruchi1130:20170422192549j:image

 

デコレーションは 陽子さんのもの参考にしてやってみましたが

正四角形でいい感じのピックがなくて

細長いピックをうねうねとさせて 刺してみました。(なんか変…!)

 

 

 

完成形↓↓

 

f:id:haruchi1130:20170422192817j:image

なんとか こんな感じのバタークリームのケーキができました。

 

f:id:haruchi1130:20170422195117j:image

ちょっと汚いけど 断面はこんな感じ。

 

 

ふんわりとしたバタースコッチキャラメル特有の あま〜い香りが 本当に大好評で

上に乗せた ナッツのキャラメリゼもアクセントになり、みんなばくばく食べてくれました〜♡

 

 でも、やっぱりコーヒーのジェノワだったらもっと美味しいんだろうなと(´-`).。oO

 

 

f:id:haruchi1130:20170422195154j:image

まだまだ余ってるので

次は何を作ろうか(〃▽〃)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵・乳なし ビスコッティ

 

 

f:id:haruchi1130:20170321202438j:image

生地は混ぜるだけの簡単ココアのビスコッティ。乳、卵を使わないレシピになります。

お砂糖は ブラウンシュガーやきび砂糖を使ってもコクが出て美味しくなります。

 

 

 

 (鉄板一枚分の分量)

ー材料ー 

ココアパウダー…25g

薄力粉…125g
ベーキングパウダー…3g
アーモンドプードル…25g
ラニュー糖…60g

豆乳…90g

太白胡麻油…25g(サラダ油でも代用可)

 

お好みで

チョコチップ…30g程度

ドライフルーツ…40g程度 

カカオニブ…20g程度

 

具材は ナッツ類やピール、粒ジャムなどお好みのもので。

 

 

ー準備ー

  • ココアパウダー、薄力粉、ベーキングパウダー、アーモンドプードル、グラニュー糖はまとめてふるっておく。

 

  • オーブンは180度に予熱しておく。

 

 

 

 

 

 

ー作り方ー

(画像は二倍量で作っています)

 

f:id:haruchi1130:20170321203859j:image

1.ふるった粉類+糖類のなかに太白胡麻油と豆乳を入れ さっくり混ぜる。

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170321204035j:image

2.生地がまとまったら 具材を入れ 軽く混ぜる。

↓こんな感じに。

f:id:haruchi1130:20170321204155j:image

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170321204217j:image

3.打ち粉(薄力粉や強力粉)をした まな板やクッキングシートの上に生地を置き、成形する。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170321204515j:image

4.180度に予熱していたオーブンで25分焼く。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170321204600j:image

5.「4」をカットし鉄板に並べる。

私的には生地が冷めてからの方が切りやすいです。

生地を冷ましたり カットしている間に オーブンを170度に予熱してください)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170321205001j:image

 6.170度に予熱したオーブンで15分焼き、生地を裏返して もう片面 15分程度焼く。

(焼き時間は各家のオーブンで異なるので しっかり焼けるまで調節して焼いてください)

 ↓

しっかり粗熱をとって完成

 

何と言っても お安い価格で沢山作れるので経済的でお手軽…!

好みによって 具材や味を変えても作れます。

 

 

 

 

 

久々の塩パン (材料記載あり)

 

今日は塩パン♪

 

 f:id:haruchi1130:20170623230829j:image

 

 我が家で謎の人気のパンで、

ママさんが大好きなパンらしく

「買うと高いから作って」とお願いされて

久々に作りました。

 

 

 材料↓

強力粉 250g 

砂糖 10g

塩 7g

ドライイースト 3g

水175g

バター(無塩)10g

 

中に入れるバターは

今回は 一つのパンにつき10g前後入れてます。

たくさん入れると カリカリジュワジュワで美味しいので それが好きな方は もっと入れてもいいかも。

 

あとは個人的に ふわふわパンが好きなので

塩パンですが加水70%にして、結構 しっとりした生地にしてます。

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418211651j:image

水入れて よく混ぜて。

ある程度まとまったら 無塩バター10グラム追加して 滑らかになるまでこねこね。

 

最初はベトベトしてますが 油分を入れると ある程度 くっつかなくなります。

 

打ち粉をすると粉に水分がとられ加水量がどんどん減るので 手にくっついて嫌なら バターを多く入れるレシピを選んだり、

早い段階で油分を入れて良く捏ねるといいかも。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418210250j:image

一次発酵は40度で40分。

終わったらガス抜きして 三等分して。

 

 

f:id:haruchi1130:20170418210357j:image

9つに生地を分けて、、

(この時は48〜49グラムくらいに分けました)

 

 

f:id:haruchi1130:20170418210458j:image

ベンチタイムは15分くらい。

 

 f:id:haruchi1130:20170419200414j:image

 

ベンチタイム終わったら 生地を伸ばして

バターを乗っけてってするんだけども

 

 

前回こんな感じ

f:id:haruchi1130:20170418210658j:image

バターが角切りすぎて うまく包めず…!

f:id:haruchi1130:20170418210738j:image

太っちょでバターロールみたい。

 

 

 

なので今回は…

f:id:haruchi1130:20170418210837j:image

前回に学んで こんな風に 細長く。

そして お気づきでしょうか、、

バターお高いのでケチって少し 量も軽減(-.-;)

 

 

f:id:haruchi1130:20170418211017j:image

塩パンらしくスリムな感じに形成して

40度で35分の二次発酵。 

(パンの経験まだまだ浅くて  パンの形成はこれが限界です)

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418211251j:image

お塩を表面に少しふりかけ、

250度に予熱したオーブンを230度に下げ25分焼くと、

焼き始めて5分くらいで 生地中のバターが溶け出し 部屋中いい香りが…!

 

焼きあがった頃には 焦がしバターになってるので それを 焼きたてのパンの表面に塗りたくります…!

そうすると ツヤッツヤで香りの良いパンに。

 

 

 

そして補足なんだけども 今更気付いた!

使い回せるクッキングシートで塩パン作るのはやめた方がいい。

焼き上がりにバターが両面にべったり付着してクッキングシートを洗うのが とても大変>_<

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418213002j:image

焼き上がりのお写真パート2は こんな感じ。

 

 

 f:id:haruchi1130:20170418213111j:image

やっぱ生地の成形苦手。

バラバラ…🌀🌀

伸ばして巻き巻きするのが案外難しいのよ。

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418213209j:image

こんなボロボロパンでありながらも

弟は 撮影時に

「まだー?早くして!お腹すいた!」と言いながら 手を伸ばしてくれます(/ _ ; )

 

でもねでもね、焼きたてホヤホヤで写真撮ってるから もちろんパンも熱いわけで

 

この写真撮った直後「あっつ!!」と言いながら 布の上にパンを落下(ノД`) 

 

終いには 食べるパンを1度目に焼いた すでに冷めてるパンに変えるっていう。

f:id:haruchi1130:20170418213443j:image

なんたる奴だ。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170418214007j:image

そういえば ポカポカ日和のせいか

お庭の花蘇芳が 咲き始めてた。

(何かと写りたがりの 我が家のちび)

 

 

 ということで今日はパンのお話でした。

 





 

 

 

抹茶テリーヌ レシピ

 f:id:haruchi1130:20170219140021j:image

今日は しっとり濃厚抹茶テリーヌ。

何度も 試作した レシピです🌱

さっぱり系のお菓子も好きだけど たまには濃厚系も💕

 

生クリーム不使用なので
生クリーム&チョコでありがちの 分離のリスクも下げ失敗しにくく、

濃厚でありながらも くどすぎない口当たりになっています。

 

 

 

 

ー材料ー       

18センチパウンド)

●ホワイトチョコ…210グラム

●バター…45グラム

○卵白…3つ分(90グラム程度)

○グラニュー糖…15グラム

   卵黄…3つ分(60グラム程度)

★粉末抹茶…18グラム

★薄力粉…15グラム

 

 

 

ー準備ー

  • 卵白・卵黄・バター は常温に置いておく。

 

  • 粉末抹茶と薄力粉は一緒にふるっておく。

 

 

 

 

作り方ー

 

f:id:haruchi1130:20170216230351j:image

1.ホワイトチョコと 常温に置いて柔らかくしたバターをボウルに入れ 60度ほどの湯煎にかけて溶かす。(バターが冷たい場合は600wのレンジで20〜30秒ほど加熱してからボウルに入れる)

f:id:haruchi1130:20170216230538j:image

半分ほど溶けたら、艶が出るまで静かに混ぜる。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170216230650j:image

2.「1」とは別のボウルに卵白を入れる。

60度ほどの湯煎にかけながら

三回に分けてグラニュー糖を入れメレンゲを作る。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170216230756j:image

3.「2」に卵黄を入れて「低速」でよく混ぜる。

(高速だと大きな気泡ができ 生地が膨らむもととなるため、低速で混ぜる。

卵に温かい気泡を抱かせチョコレートに馴染みやすくするための工程なので湯煎が冷えてしまっていたら お湯を変える。)

 

⚠︎卵の温度を高くするために、 そのままレンジなどを使用し加熱したり 温度の高いお湯で湯煎をすると固化して口溶けの悪いものになったりしますので、そのリスクを少しでも減らすために 泡だてて気泡を抱かせながら 卵の温度を少しずつ上げてます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170216231109j:image

4.「1」の中に「3」を少しずつ入れ、よくなじませる。

(分離したように油分がにじみ出ても、乳化不足なだけなので、泡立てた卵を追加して「1」とよく混ぜ合わせ しっかり乳化させる)

f:id:haruchi1130:20170216231330j:image

膨らませる目的で 泡立てたのではなく、あくまでも卵を適度に温め、チョコレートと混ざりやすくするためなので

気泡は なるべく潰しながら とにかくよく混ぜ、トロトロした滑らかな生地を作る。

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170216231513j:image

5.「4」に薄力粉と粉末抹茶を合わせてふるっておいたものを加え 粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

(薄力粉が少ない&油分が多い 生地なので グルテンはさほど出ません。

たくさん混ぜても焼き上がりに響くことは まずないので  滑らかになるまで良く混ぜてください。)

 

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20170216232747j:image

6.「5」の生地を 二度 濾して、滑らかな状態にする。

 

 

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20170216232855j:image

 

7.型に生地を入れ、15センチほどの高さから落とし生地中の気泡を抜く。

(竹串を使って クルクルと生地をかき混ぜ気泡を潰しても良い)

オーブンの鉄板に お湯を張り

170度で60分程度 湯煎焼きをする。

 

(15〜20分程度したところでアルミホイルを 被せ 焦げ防止をしてください)

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170216233300j:image

8.焼き上がりはこんな感じ。

(焼きたては柔らかく、プルプルしています)

 

 

ー追記ー
チョコレートと混ざりやすくする反面
膨らみやすい 生地となっています。
気泡はなるべく 潰すようにして混ぜてください。

ーコツー
チョコレートの生地と卵を混ぜるときは 少量ずつ混ぜ その都度 よく混ぜる。
泡立て器を使い混ぜる際は、 気泡を入れないように静かに 生地を混ぜる。
濾す時には なるべく細目の 濾し器を使って濾す。
膨らみが抑えられない場合は、鉄板の上に布巾を敷き、その上に生地の入った型を置いて、 湯を流し込み湯煎焼きする。(なるべく下熱を遮断する)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170217182951j:image

画像は一晩寝かせたもの。

 しっかり冷やして食べると しっとり濃厚。

 生チョコのような滑らかな口どけです。

 

 (カットするときは 十分に冷えている状態でないと うまくカットできません。)
 

500〜600wのレンジで30秒程度 温めて食べると とろっとろの口溶けのものになります。

 

⚠︎ 冷やしすぎると硬くなりすぎるので、その時は 常温に戻して 食べやすい硬さにしてから食べてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本ブラウニー レシピ

 

f:id:haruchi1130:20170219140605j:image

ナッツごろごろ、一晩おくと しっとりふわふわの基本レシピです。

さほど水分量も多くなく 常温保存で しっかり日持ちもできます。

 

 

 

ー材料ー

(18センチスクエア使用)

 

好きなナッツ…100g

バター…95g

チョコレート(ミルク)…110g

全卵…2つ

上白糖…60g
薄力粉…85g
ココアパウダー…30g
ベーキングパウダー…2g

 

ー仕上げ(かけなくても可)ー

粉糖(溶けないタイプがオススメ)…適量

 

ー準備ー

  • 卵は常温に置いておく。

 

  • 薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく

 

  • オーブンを160度に予熱する。

 

  • 型にクッキングシートを敷いておく。

 

 

 

ー作り方ー

 

 

 f:id:haruchi1130:20170213175101j:image

1.ナッツ類を 160度に予熱したオーブンで10分ローストする

(今回は アーモンドダイス、アーモンドスライス、カシューナッツを使用、大きいナッツはある程度小さく砕いてローストする)

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170213155634j:image

2. ナッツをローストしている間に、バターとチョコレートをボウルに入れ 70度ほどの湯煎にかける。

(バターやチョコレートは なるべく小さくカットしておくと早く溶ける)

f:id:haruchi1130:20170213155752j:image

湯煎にかけたらすぐに混ぜないで、画像のようにバターやチョコレートが溶けてきたら 空気を入れないように静かに混ぜる。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170213155908j:image

3.「2」に上白糖を入れ 泡立て器で よく混ぜる。

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170213160012j:image

4.「3」に常温に戻して置いた卵を加え しっかり乳化させる。

(冷たい卵だと しっかり混ざらないので  冷たければ 湯煎で人肌に温めた 卵を入れる。

⚠︎卵を温めるときはレンジで温めたりしないで 必ず低温の湯煎にかける)

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170213160244j:image

5.「4」が、しっかり混ざったら 合わせてふるって置いた 「薄力粉、ベーキングパウダー、ココアパウダー」を加え、

ゴムベラに持ち替えて 「の」の字を書くようにさっくり混ぜる。

 

「の」の字の混ぜ方は 以下のレシピに記入。

http://haruchi1130.hatenablog.com/entry/2017/01/19/Busse

 

 

 

 

 

 f:id:haruchi1130:20170213161928j:image

6.粉っぽさがなくなったら

ローストしておいた ナッツ類を加えさっくり混ぜる。(軽く混ぜるだけ)

 

 

 

 

 

 

f:id:haruchi1130:20170213160912j:image

7.クッキングシートを敷いた 型に生地を入れ、

160度に予熱したオーブンで30分焼く。

焼き上がりに、串を刺し、生地が付いて来なければ完成。